転職して一年半、上手くいかず毎日辞めたい

ブログ
この記事は約3分で読めます。
スポンサード リンク

こんにちは!どもりーまんてす。
転職して一年半がたちます。入社初日から

あっ、ここは合わない

と思い、

でも入社したばかり、誰でも最初はそんなもんさ

と自分をごまかし、

あれ?でもなんか呪われたように上手く行かないぞ?

、、、
それからは日をおうごとにこの向いていない思いが確信にかわり、

辞めたい、逃げたい、消えたい、過去に戻りたい、などと絶望し、

毎朝、這うようにして会社に向かう次第です。

終わりのないサービス残業、
厳しい叱責、過重な要求、

もう耐えられない、と毎日ギリギリな思いで、夜な夜な必ず見る仕事の夢、、思春期のころ、あんなにえっちなことばかり考えていたのに、ほとんどえっちな夢は見ることができなかったのに、今は仕事のことばかり考えてそして就寝中にもその続きがある始末です。ハードな状態がデフォルトになっております。

いや、これきっと前世で散々悪いことしたんだろうなあ、こんな地獄を味わわされるとは、とほほ。とほほ?、、そんな表現を普通にやらかしてしまうほど私は弱っチング、ほらまた出た、もうどうでもいいや。

でも無情にも明日はくるんだよなあ。

転職して一年半、もうそろそろ限界だ。
やはり、最初に直感的に「合わない」と感じた仕事は、どれだけやっても合わないんだな。

でも、私は前職で無理して12年以上、合わない仕事を続けてしまいもはやキャリアチェンジのできない状態になってしまいました。

そう考えると、やはり合わない職場はさっさと辞める、遅くとも一週間で決着をつけるのが正しいかと思います。一週間して初日に感じた、向いていないという感覚が続くなら、その先も、その感覚は続くでしょう。

が!
少なくともいえることは、やはりそういう一連の感覚をもつ人(すぐに向いていないと感じてしまう人)は転職癖があるというか理想を追い求めて妥協する感覚に優位性がないかもしれませんので、その後もミスマッチに苦しむかもしれません、私のように。

スポンサード リンク

でも答えは簡単、家庭を持たなければ転々としたってなんの問題もナシ!世の中人手不足なところはいくらでもあり、一人で生きていくには困らない働き口ははっきりいっていくらでもある!

ただし私のように家庭を持ったらさあ大変、
さあこれを書いている今は夜もすがら、ですが会社からメールが来たぞ、

と話がそれ
申し訳ない、何の話しか、そう家庭を持ってなきゃ大丈夫!
逆に家族持ちの方は根性出して次の職探し頑張ろう!もちろん、間違っても35歳越えてからの未経験転職はしないほうがいいでしょう、やっちまったらもう後輩にボロッカスにされプライド ズタズタにされて人格崩壊されること間違いナシです。

さあ、
ああなんかもう今日も疲れたな、ノンストップで13時間働き続けて、やっとご飯にありつけて、、、いやあ働き方改革なんて笑っちゃうね、中小はまだまだピラミッドを鞭で叩かれながら建設している奴隷のようなところ、珍しくはないですよ、と。給料よかったら納得もできるんですが、結局世の中奴隷がいないと王族は成り立たない仕組みは昔も今も変わらないシステムなのかもしれません。

※※※※※

で、最近は転職サイトをひたすら眺めている私です。
これは見始めると止まりませんね。
えんえんと眺めてしまい、気が付けば5時間くらいたっていることがあります。

とくに会社で失敗したり、売上成績が悪いときはもう精神が狂い果てそうで、転職サイトを眺めながら心を落ち着かせようとしてしまいます。
土日はぐったりして、土曜日12時間、日曜日13時間くらい寝てしまう始末で、そして仕事の悪夢で嫌な汗をかきながら目覚めるという感じです。家族にはいつまでも眠る私に呆れ果てられ、もう無視されています。そしてボーっとしながらまた転職サイトを眺めては、、、

と週末合計でカウントすればやはり10時間くらいはかかります。
そして結果は、、、見事に期待できる求人はない、という、状態です。そうないことが分かっている、自分はオジサンになり、ろくな職歴でもないがためにそりゃそうだろ、という当然の結果なのですが。



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人

当記事をブックマークサービスのポケットやSNSでフォローして応援お願いしますm(_ _)m

【関連記事】
スポンサードリンク

コメント

  1. sachiko より:

    こんにちは。いつもブログ読んでいます。
    私も転職してちょうど一年と半年が過ぎ、毎日辞めたくてしかたないです。
    でも年齢も30歳をこえて、なかなか転職に踏み切れないんですよね。

    そんな中でも、やっぱり職場に向かえば自分の能力の限界を超えた仕事を振られてアタフタとしては、、 ああ早く辞めなくちゃ。。と気が急いて、、でも転職のための行動には移せない、、というモタモタとする日々が続いています。

    管理人さんもどうかお体に気を付けてがんばってください。

  2. 通りすがりの仙人 より:

    辞めないほうがよい。
    しっかり仕事と向き合い、一生懸命やっていればいつかブレークスルーする瞬間が訪れる。
    器用であるがゆえに見切りも早く(判断が早い)、何も身に付かない人がいるが、まさにそういう人は器用貧乏、学歴があってもつづかず、物にならない。
    あなたは不器用を自覚できているだけマシ。不器用でいいじゃないか。不器用だからこそ、何をやっても身に付くのが遅いんだから、一年半足らずで進退を考えるな。
    不器用で這いつくばって毎日を懸命に生きよう。
    あと一年もすればそんな時代もあったなと懐かしく思えるときがくる。
    もがいて今を必死に生きているあなたなら大丈夫。
    転職サイトを見たっていい、ただ毎日を必死で生きてみよう。
    鉄棒の逆上がりができるようになった瞬間というのはたしか練習を重ねていて、でもちっともうまくいかなくて、、、けれど続けていたらふいにやってのけられた、そんな感じだったはず。
    簡単に得られたものは簡単に手を離れていく、苦労して掴んだものはしっかり身になる。
    頑張って下さい、あなたなら、必ずできる。

  3. もうすぐ橋の下で過ごす予定のおじさん より:

    (笑)!
    転職サイトは見ているとえんえんと見続けてしまうものですよね。
    あるあるだと思います。
    私も、もう転職するのは難しい年齢になっていますが、冴えない日常に嫌気がさし、現実逃避に転職サイトをずっと眺めてはもしかして神がかった、自分のための求人があるんじゃないかと希望を胸に覗いてしまいます。
    そうやってもう10年以上たっちゃいましたが(笑)。ということは一日平均1時間を転職サイトに見ることに費やしたとして、

    365日×24時間×10年=87600時間も無駄な時間を過ごしたことになりますが(笑)

    でもこれはいわゆる自慰行為と同じです。
    無駄なようでいてしっかり自分を慰める行為であり、それで心の平静を保っているわけですから、それはそれで活きるためのクスリであり、一種の趣味。
    悔いずにしっかり必要な投資と心得てまえにすすんでいきましょう(笑)

  4. 匿名 より:

    私も月曜日からボロボロ、火曜日ですでに疲労感がすごいです。

タイトルとURLをコピーしました