父親がコミュ障ならその遺伝を引き継ぐ可能性大

親子

koko,こんにちは、コミュ障実践中の安倍でございます。

喋れるようになりたいですよね?ワイワイガヤガヤと何の気がねなくただ時間が経つままに楽しいひとときをすごしたい、そんなものです。これは本能ともいえるでしょう。 そう、人間とは本来コミュニケーションしたくてたまらない生物なのですから。

でも、コミュ障という生物は、これがなんらかの原因で苦手意識を持つようになる生き物なのです。 ここでいうコミュ障とは、人見知りや内気タイプの人間が大勢で和気あいあいとした場で溶け込めないということを指すこととしますが、そう、なんというのでしょう、自分をさらけ出せないんですよね。 いちいちこの発言はどう周囲に受け取られるのかと冷静に審判を下しているもう一人の神的な自分がいて都度ストップをかけるのです。 で、だんだんとプチパニックになっていき、とうとう頭は真っ白に、何も言葉が思い浮かばなくなって、

自分って本当にこの世に存在しているのだろうか、とふと疑いたくなるような白々しく空しい、そしてゾワゾワとした不安と緊張を覚える空白の時間を過ごすことになるのです。

で、この症状、これはひとえに、遺伝です、遺伝。

とくに、ワタシは男で、それで父親と爺ちゃんがコミュ障族だったのでとくにそう思うのです。あ、これって世代間またいでいるよな、DNAが受け継がれているなと。

親子

で、親族を見回しても、やはり男親がコミュ障というか寡黙なタイプの子ども、つまりワタシでいうと同世代であるイトコに該当する親族を見ると分かるのですが、やはり男親がコミュ障でないイトコはやはりコミュ障ではありません。


【スポンサードリンク】


ということは、思うに男親のコミュ障遺伝子は息子には遺伝する、ということです。

逆に男親の社交的なDNAは子どもにも引き継がれます。

ここでひとつ、ワタシが過去みた映画で印象深いのがあるのですが、福山雅治さん主演の『そして父になる』の話です。 ※この映画は2013年のもので、テーマとしては、いわば絆か血か?を問うものです。子どもの取り違えが後になって発覚し、その後、今育てている子と実の子、どちらをとるのか?という葛藤を描きながら人間の愛とか情を明かしていく名作です。

その中の一セリフに、

「血は争えない、例え教育によって導こうとしても」

みたいなニュアンスの至言が出てくるのです。 いくら鍛え上げようともカエルの子はカエル、最後は遺伝だよ、親がダメなら子もどこかでそのダメさを露呈するようになる、というような言及を示す場面があるのです。

フィクションの世界だけの話ではなく、これはまさにこの世の道理だと思います。

ワタシは父親がコミュ障で、それを見ていてそうはなるまいと必死に明るい時分を振る舞っていた時代もありましたが、やはり、気が付けば父親の、あの暗い佇まいを自分に備えているのにふと気が付いてしまうのです。

年齢を重ねれば重ねるほど思うように口が動かず、人から冗談を振られても気の利いた言葉が思い浮かばず固まってしまう始末で、いまや、

暗かった父親の喋り方そのまま、そして、人生に対し塞ぎこむようなあの態度はまさに今、決してなりたくはなくて努力していたにも関わらず、濁流に呑まれる雑木のように押し迫る流れに抵抗できずただ身を任せるしかなすすべがないような自然の摂理を感ぜずにはいられないのです。



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人






【スポンサード リンク】