インストアベーカリーとは

インストアベーカリー イラスト 専門用語・業界用語
インストアベーカリー イラスト

インストアベーカリーの意味

インストアベーカリーとは、スーパーマーケットなどの店内で調理されるパン売り場のことです。ただのパン売り場でなく、お店のバックヤード部分(裏の作業場スペース)を調理場にし、そこで焼き上げて店内の売り場に陳列して売るサービスです。

パンは、手軽で簡単に食べられる食材として現代人の多忙な生活スタイルにマッチした食べ物で、近年では競合業態のレベルがあがり、例えスーパーマーケットであってもパン専門店波に求められるようになってきています。(美味しくないとリーズナブルでも売り上げがとれない)

ただしその分、美味しいと評判になれば遠方からも購入客がつくなど、商圏を広げるきっかけとなる商材でもあります。つまりインストアベーカリーとは、スーパーマーケットなどの専門外のお店業態であってもお客様の来店動機となる商材となるものです。

インストアベーカリーの特徴

インストアベーカリーには2つの製造方式があります。

スクラッチ方式パン

店内で一から、つまりは粉からこねて焼き上げるパンです。手間暇かかる分、その特徴を出すことで差別化ができます。サンドイッチなどの手作りもこれに該当するでしょう。見た印象として冷凍ものと区別できるものではないため、試食したり、販売促進パネル(POP)などで特徴をPRされてあるお店が多いです。

冷凍生地素材パン

インストアベーカリーではだいたいのところが冷凍生地を使っています。欠点としては焼き立ては美味しいものの、手作り(スクラッチパン)に比べて味が劣化しやすいという点があげられます。通常のパンに比べて、短時間勝負のため、作り立てを選ばないとおいしくない、、ということになります。

 

インストアベーカリーの予備知識

売れるパンには、焼き立ての香り、ボリューム感と値ごろ感、ふわっとした食感、ぱさつかない時間が長いという特徴があります。そのためこの条件を満たすインストアベーカリーの仕組みが必要です。

パサつかないパンを消費者目線で選ぶには、エアコンの風がパンに向いていない、長い間、裸売りされているような販売をしていないか?といった見極めが必要です。

 

それにしても最近のインストアベーカリーのパンは専門店級においしいですね、しかも値段もリーズナブルで品質管理のオペレーションも高く、だいたいが焼き立て感があって、古いものはすぐに値引きが入っています。パン専門店はもはや苦境ではないでしょうか。高級食パン店はたしかに繁盛していますが。。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました