見え消し、溶けこみ、の意味

男40歳にして初めて知った、この、見え消し、溶け込みの言葉。官公庁の方とやり取りしていて、出てきた文言でした。

契約書関連で色々とやり取りしていて、

見え消し、溶け込みと題されたメールが送られてきて、何かの間違いじゃないかと思いました。

見えている部分を消して、溶け込ませる。

そういうことなのでしょうけれども、何せ普段の生活で見慣れない言葉です。

 

この文面を目にして、はじめは変換ミスか何かだろうと思っていましたが、待てよ?何か自分の知らない意味があるのでないかと調べて見たら、ありました。

見え消し

これは契約書などの文書を訂正する際に、削除した部分や言い換えた文章を分かるように、元の文を残し、それに取り消し線など加えたものを表します。ワードの左側に赤い線をつけるなどします。

溶け込み

溶け込ませるということです。

見え消しとセットになる文書です。見え消しが体裁が整っていないのに対して、溶け込み、は訂正後の状態を反映させたもの をさします。

読んで字のごとく、溶け込ませているのです。

 

ビジネス文書でもあまり聞かないこの言葉、独特ですが、厳か(おごそか)で、気を引く魅力のある言葉だと思います。

侘びさび、に似た響きのある奥深い印象のある言葉です。何とも格調を感じさせるニュアンスです。

伝統的に使われてきた言葉、見え消し、溶け込み。

ここを直しましたよ、とわざわざ指し示しすあたりは、日本人の誠実さが滲んでおり、また、それを清書して(溶け込み、溶け込ませる)相手に指し示すサービス精神。

これぞ、おもてなしの精神がなせる技ではないでしょうか。

 

もし、見え消しを違う言葉で表現すると?

この、聴き慣れない見え消しという表現。

もっと直感的にわかる表現はないのでしょうか?

見え消しという塾はいまひとつしっくりきません。見えているところを消す、というより、消した所がみえている、と客観的に見て取れるので、この語感にのっとった場合、どちらかといえば、消し見え、が正の気がします。

また、他に、万人に直感的に、分かる表現はないでしょうか?

削除及び訂正のため

コメント

タイトルとURLをコピーしました