話す時、笑う時にまばたきしながら白目になる人の心理とは

話しながら白目になる人 雑学

会話をしていると、不意に素早く瞬きをして白目になる人がいます。目をパチパチと高速でまばたき、を繰り返している間、瞳孔が上に行ったり戻ろうとしたりとして忙しなく動き、白目に見えてしまう状態です。笑う時にも同じような所作で白目になる現象です。

白目をむきながら話す人

話しながら白目になる人

話しているとふいに白目に。笑った時もアハハ、と言いながら目が上を向いて白目に。

喋っている最中にふと相手の目を見ると、高速まばたきすると同時に白目になっている。

白目をむくという現象は異常事態で、それを目の当たりにした当事者としてはつい気にかかってしまいます。しかし、話しながら白目になる人が話しているときの体勢をみると、顔の向きはしっかりこちらをとらえているし、話す内容も問題ないものですから、なぜそういう白目になるのか、聞き手としては不思議に思うことがあります。

いきなりその白目モードになるのではなくて、話を続けているとふとまばたきが早くなって黒目がなくなっているという瞬間が訪れます。笑った時、焦った時や戸惑ったとき、動転した際など心に揺らぎが起きた時に、そういった、まばたきしながら白目になるクセが出ているような気がします。

素早いまばたきで白目になる、こういう人が一定数いることは事実です。 こういう動きを別々の人たちがそれぞれ同じ動作でやるものですから、これは何か意味があるのではないかと考えられます。 そういう心理はどんなものなのか調べてみました。

視線を避ける文化による無意識な視線外しのため

日本人は視線を避ける文化です。

サイト:necton「日本人は本当に他人からの視線に弱いのだろうか?」 からの引用によると、

教科書(東京書籍)『新しい国語2』に「視線を避ける文化」という教材がある。総じて外国人が他者の視線に強いのに比べ、日本人は他者と視線を合わせることを苦手としている。
※※※
教材では、我が国の民俗学の先駆である柳田国男のユニークな『にらめっくら(にらめっこ)起源説』が引用されている。それによると「私たちの祖先は、仲間うちでは平気だが、共同体の外に出ると他者の視線を意識してしまい、見られるだけの存在となってしまう。そこで、視線強化の為に《にらめっくら》が生まれた。」というのである。
実は、本校生徒にも全く同じついつい目が合うとなんか気まずいというのは周知のとおり、誰でも恥ずかしいというか照れるというか気まずいものです。 お辞儀文化は最たるものでして、申し訳ない時って人はますます相手と目を合わせることができないものですから、頭を下げて完全に視線を避けるということでしょう。

お辞儀文化にもあるように、視線をナチュラルに外そうとする。

要はシャイ、照れてしまうので視線を避けてしまう、

会話中も、目が合うのを無意識にさけようとして、黒目を上に逃がすことでそうさせようとする反面、視界確保も同時に必要であるため、上下に激しく動かせようと反応するのかもしれません。

心理学的には「焦りながら何かを思い出そうとしている」状態なのではないか

話しながら白目になる人は、その行動をみると、①まばたきの回数が多くなると同時に ②目を上に移動させている というように見て取れます。

これを心理学的にみると下記の考察ができます。

まばたきの回数が多い

まばたきが多いのは、緊張や不安の表れだと指摘されています。

■緊張度を示す指標

この「まばたきの多さ」が表しているのは、相手の緊張度です。まばたきの回数は、脳内伝達物質であるドーパミンの影響を受けており、多ければ多いほど、相手が緊張していることを示していると言われています。(中略) 特に注目すべきは「会話中のまばたきの回数」です。会話をしていないとき、人は、自分の緊張状態を相手に悟られないように、まばたきの回数を意識して、コントロールすることが可能です。しかし、会話中にはこうしたコントロールが効かないことも多いもの。

≪引用:緊張をすると、まばたきの回数が多くなる心理「平常時:男性 20回 女性 15回」|マイナビウーマン≫

まばたきが多い時っていうのは確かに緊張したり焦ったりしている時ですよね。これは納得です。つい目をパチパチしてしまいます。

白目をむく

白目になるときというのはだいたいが黒目が上向きになるという状態のことかと思います。この状態は心理学的にいうと「何かを思い出そうとしているとき」もしくは「何か考え事や想像をしているとき」だそうです。

つまり、こうして考察すると、素早いまばたきで白目になる人というのは、 緊張した状態で、何かを思い出そうしているもしくは考えを巡らせようとしているとき だといえそうです。

チック症かもしれない

チックというのは、自分の意識とは無関係に身体反応が起きる現象で、この高速まばたきなんかもそうなんじゃないかと思い調べてみると、それらしい文献がありました。筆者にも吃音の癖があり、コントロールができないものでこの苦悩はよくわかります。

運動チック障害の種類

運動チック障害の種類
単純運動チック障害 単純運動チック障害は、素早い瞬きや首振りのような、瞬間的で稲妻のようにすばやい筋の不随意な収縮などによる障害です。 単純運動チックの典型的症状には、瞬間的に目をパチパチと瞬きしたり、横目をしたり、目を回す、白目をむく、口を歪める、鼻を曲げる、顔をしかめる、肩をすくめる、頭部を急激に動かさせるなどがあります。
複雑運動チック障害  複雑運動チック障害では、顔の表情を何度でも繰り返して異様に変えたり、飛び跳ねたりする、物の匂いをかぐ、あるいは地団太を踏むような不随意な症状を呈します。

引用:チック障害|健康・医療館

上記引用とみると、 素早いまばたき、白目をむく、 これは前述の症状に当てはまるポイントかもしれません。

白目になる人は70人に一人くらいはいるような気がする

体感的に白目になる人は100人に一人以上はいるような気がします。だいたい70人くらいにあえば一人くらいの計算です。

人間だれしも、焦ったときはまばたきの回数が多くなりますが、その際に目が上に行ってしまうかどうかだと思います。

じーっとしている時にはそういう白目になるわけではなく、あくまでも話している時に白目になることから、やはり動揺が見られやすいタイプの中にそうなる癖のある方がいるのかもしれません。

話すときに白目になる

見ている方としては白目は別に気にならない

何度もそういう人たちを見てきましたが、見ている方としては特に気にはなりません。

ですので、もし白目になってしまうことを悩みに思わなくて大丈夫です。

 

コメント

  1. まみこ より:

    います。白目になる人。
    私の知り合いは、話していると、
    「それはつまり、何々ってこと?」と首から下の体をゆらゆらと動かしながら、瞼をシュパシュパとさせながら、白目になっている人がいます。
    本人は気が付いていないみたいですが、行動がパターン化していて、だいたいが相手に共感しきれなかったとき、やりとりがちぐはぐになってしまった時などに訪れる瞬間です。

タイトルとURLをコピーしました