べランピングの意味

べランピング 意味 カタカナ語

外にキャンプに行こうにも、事情があっていけない、そんな時の擬似キャンプとして、ベランダでキャンプ気分を楽しむという、インドアとアウトドアを併せ持つスタイルがあります。特に、新型コロナウィルスが流行した2020年、21年では、外に出て行くことによる、感染リスクからインドアを充実させるためのライフスタイルが注目されるようになり、その一環としてべランピングもまた家族と過ごすレジャーとして人気を集めました。

べランピングの意味

べランピング 意味

ベランダ+キャンピングを組み合わせた造語です。もっというと、これにグランピングというスタイルをかけ合わせたものです。グランピングというのは、優雅であるとか気品があるとかそういう意味合いのグラマラス、に野外泊のキャンプをかけ合わせた言葉で、簡単にいうと贅沢感のある野外宿泊のことを言います。

ちなみに、ベランダでもバルコニーでもべランピングと言います。

ベランダとバルコニーの違い・・・

ベランダは屋根がついている部屋外スペース、バルコニーは屋根のない部屋外スペースのことです。ちなみに、賃貸アパートによく見られる、屋根の下に張り出したスペースはバルコニーです、屋根があるからベランダだろう、ではなく、もともと建物にある屋根の下に張り出している部分はバルコニーなのです。ベランダはどちらかというと部屋スペースの壁を取っ払って外に面しているスペースのことを言います。

べランピングでキャンプが人気な理由

なんと言っても病気感染リスクが低い

新型コロナが流行っている時代にあっては、いくら外のキャンプ場と言えども人が密で、感染リスクを伴います。

そこで、家族だけに接触を収められるべランピングは自宅に居ながらにして健康的にアウトドアを楽しめる最高のシチュエーションというわけです。

超時短でコストがかからない

ガソリン代がかからない上に、移動時間もかからない。なので、ベランダでいいお肉をじっくりをカセットガスコンロで焼き上げる、なんてこともできます。もっとも煙を立たせ過ぎるとすぐに苦情が来るので、できればキッチンで調理して、ベランダで食卓をこしらえて食べるのがいいでしょう。ちなみに私の近所のアパートの住人はベランダではありませんが、一階の庭スペースでバーベキューをするのが趣味だったようですが、近所からの苦情で半年経たずに引っ越して行きました。

人目を気にしないでいい

なんと言ってもマナーを守ってやっている以上は人目を気にしなくていいという利点があります。自分のペースでユーチューブを見ながら日光浴して、ウトウト昼寝、最高です。

ということで、べランピングは新しい造語の中でも今後定着していくであろう、新語です。ぜひ覚えて置いて損はないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました