コスト経営担当者の仕事

忙しい

ko,こんにちは、コミュってますか?

さて、今回はコミュ障の仕事についてのネタです。

ネット上の職業適性テスト「どこより正確な職業適性診断」を受けてみますと、次のような結果が出ました。
あなたがなるべきは:コスト経営担当者

なるほど。
やはりコミュ障というのはつまりは、数字とか細かいことに向き合ってコツコツと根気よく取り組める資質があるものですから、こういう会計関係の仕事というのは向いているのかもしれません。
どれどれ、ではどんな求人が、、って、ググっても出てこないこの仕事って何なのよ、と。

謎の仕事なのです

でもコミュ障なワタシがテスト診断してこういう結果になったわけですから、おおむねコミュ障向きの仕事なのではないかと思っています。 もちろんコミュ障にも人それぞれあるので一概には言えませんが、人見知りで誰かと会うよりも読書したり考えたりするようなことが好きなタイプ、と置き換えましょうか。
語感から推察するに、コスト経営、つまり経費を管理するような仕事ですから、財務や会計または経営企画みたいな感じの内容でしょうか。 エリート感がプンプン漂う仕事ですが、身近な例でザクッと説明するとつまりは事務職の経理という感じですかね。

経理マン

確かに経理とかそういうのは、職場の人間関係に問題さえなければ、数字と向き合ってPCや書類と睨めっこするようなことが仕事なわけですから、穏やかなタイプの人間には向いていそうです。
でも何はともあれ、実際の求人マーケットはどんなものか。
というわけで大手サイトのリクナビNEXTでコスト経営担当者を調べてみました。
そのままリクナビNEXTの検索窓に「コスト経営担当者」と打ち込んでもゼロ件なので、


【スポンサードリンク】


■経営企画 ■財務、会計、経理

にポチっと入れて検索してみると
それらしいのが出てきました。
その一例を見ると、次のような仕事がありましたよ。

▼▼

事務系総合職【経営企画/経理/人事制度担当/事業部人事担当】

■経営企画
会社の経営に関わる企画業務全般
・中長期経営計画、年度予算計画立案調整
・組織編制に関する調整
・関係会社管理・再編、M&Aの検討等
・分析業務等

■経理
財務会計業務全般
・決算業務(会計基準に基づく会計処理、予決算分析、決算報告資料作成等)
・税務業務(申告書類作成等)
・資金管理業務(資金計画作成、現預金管理、支払処理等)

■人事制度担当
・社員の人事制度構築、就業規則改定、法改正対応(賃金体系や人事関連法への対応等)
※例)ダイバーシティやワークライフバランスの推進に関わる諸制度の改定・構築等
・教育研修の企画・実施、資格取得推進のサポート
※人事部は制度・研修担当以外にも採用担当、労務担当、人事業務担当があります

引用:転職サイトリクナビNEXT

▲▲

どうでしょうか。
なかなかハードルの高そうな仕事ではあります。

でも、まさにコスト経営担当者とはこういう仕事なのではないでしょうかっ!

と、バリバリの企業人、という形で高卒では採用してくれないような雰囲気漂うお堅いビジネス感があります。

でも、あらかじめこういう仕事に向けてそういう勉強をおくのも大事でしょう。簿記とか手始めに。 ちなみにワタシは簿記は2級もっています。

というわけで、本日はコスト経営担当者についてのお話でした。

この仕事に興味がある方はぜひリクナビNEXT
に登録して日々チェックしておきましょう。



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人






【スポンサード リンク】