漢字

漢字

恐れるに革と書く漢字の読み方

恐れるという漢字の上の部分を冠にして、その下に革と書いて、何と読むか。 音読みで、きょう、または、くです。ちなみに白目のことを鞏膜(きょうまく ※強膜)といいます。 訓読みで、かたい、です。 鞏の成り立ち 恐い、の字...
漢字

似、にんべんなしの漢字の読み方

似る、の漢字のにんべんなしの読み方、それは以上の、、以です。 読み方は、 い、 です。 似のにんべんなしの漢字 似、にんべんなし漢字 他にも、以ってと書いて、もって、と読みます。 手段の意味を表す助詞として...
漢字

竹冠に郎で何と読むか

漢字の竹冠に郎とかいてどう読むのか? 組み合わせとしては下記の漢字になるでしょう。 実に見慣れない感じです。 読みは郎、訓読みでタケロウ、と書いて人名などに用いられます。 ↑ というのは嘘です! ...
漢字

きへん、に京の漢字の意味と読み方

木へんに京都の京と書いてなんと読むか。 ムクと書くと変換できる漢字、椋です。 椋(ムク)とは 椋木と書いてムクノキ ウィキペディア先生によるとその記述は以下の通りです。 目 : バラ目 科 : アサ科 属 : ムクノキ属 ...
漢字

儘のにんべんなし の漢字の意味と読み方

盡の漢字は我儘(わがまま)の儘という漢字の右側が代表的ですが、儘、そのにんべんなしバージョンが盡と書いて、読みは「じん」です。尽(じん)という(尽くす)字の旧字体(ちなみに、我儘という漢字も、現在では我侭、と表記します。)です。 こと...
漢字

けものへん、に句の漢字の意味と読み方

けものへん、に文句の句で何と読むのか? いぬです。いぬ、とは、そうあの犬のことです。狗とは全然、漢字の構成が違う。。それはなぜなのでしょうか。 妖怪の天狗(てんぐ)の狗、で有名なこの漢字は、なぜ犬と読むのか!? ケモノヘンに句でいぬ...
漢字

竹冠に松と書いて何と読むか

竹冠に松と書いて、書く漢字、菘、すずな、と読みます。しかし、これはよく見てみると、タケカンムリではなく草冠ですね。また山冠に松で、崧(そばだつ)というのもありますが、これも中国で用いられる漢字で日本では見聞きしません。 竹冠に松と書く...
漢字

伝 にんべんなし の読み方

伝える、伝言、伝達の伝という漢字のにんべんなしを、云と書いて、音読みで「うん」、と読みます。主に、云々かんぬん、というように表され、なんとかかんとか、というように具体的にいわず省略して言い表す際に用いられます。古文などでは、彼曰く、青は藍よ...
漢字

優しいににんべんなし の漢字の意味

優からにんべんを外すと憂 優しい字ににんべんなしで憂う(うれう)です。 憂うというのはつまり、憂鬱という字に代表されるように、心配であるとか沈んだ気持ちであるとかそういった意味合いです。 つまり、 優の文字から ...
タイトルとURLをコピーしました