ENTPは社会不適合?

ENTPは仕事のできない社会不適合者だなんて誰かが言っておりましたが、実際に彼らと触れるととんでもない、仕事が出来ないどころが誰もなし得ないくらいの創造的な仕事力で、天才とも思えるくらいの成果を発揮する、というのが筆者の体験談です。(人種としてはこの日本においてかなり稀少で25年から30年に一度会うくらいの接触頻度ではないでしょうか。)

ただ、もし、ENTPを社会不適合というのならば、それはENTPが嫌いという気持ちから、つまり、ENTPに対しての仕返しの気持ちをもって、被害にあった人の立場からみて揶揄する言葉として、社会不適合、、と表現されることはあるのかもしれません。

ENTPが社会不適合者と言われるかもしれない理由

ENTP 社会不適合

ベラベラと喋りすぎてデリカシーがない

べらべらと喋るのはいいにしても、その衝動性の中でなんでもかんでも思いついたことにフィルターをかけずに、口に出すということがENTPあるあるだと思います。反射神経の度合によって、それを止められるかどうかがポイントで、運動神経がよい(つまり反射神経がよい)ENTPの方はおそらく、そのあたりを反射的に止められると思うので問題はないと思いますが、このフィルタが弱いENTPさんにとっては、生理現象として「思ったことが口に出てしまう」状態だと思いますので、時としてデリカシーがなく、社会不適合者だと思われることもあるかもしれません。ENTPの方に向けて全般として表現するつもりはございませんが、筆者の体験談として、ENTPの方に一方的に責められ詰られ、バカにされて心をズタズタにされた方は、少なくないと思います。

とにかく、うざいぐらいに(筆者が対峙したENTPの方は)ベラベラ喋ります。マシンガントークでまくし立てるわけではないのですが、自分がゾーンに入った時(ENTP自身が暇を持て余している時や、自身のこだわりの範疇に触れたとき)は、相手の人権さえも踏みにじる勢いでねじ伏せられます。これをやられた方としてしては、ぐっと堪えますが、やはり頭によぎるのは、この人は社会不適合者だ、、という気持ちです。(※あくまでも気持ちです。責めらて一時しのぎで反省してみるものの、心から敬服しないため、この人のためにやってやろうという気持ちが起きません。)

お互いにとって(ENTP対●●)、生産性がないかもしれません。

家庭を顧みず仕事や遊びに打ち込む

その異様なまでのエネルギー、もうパンパンなのに詰め込むスケジュール、咄嗟のことでもワクワクすることは受け入れるハプニング好き、こういったENTP氏のエネルギーは、家庭の枠に収まりません。平々凡々の生活で安定を好まないのでしょう。そのため、家庭を顧みず仕事に打ち込んだり、自分の遊びの世界に没頭する、こうして家族からは愛想を尽かされる、場合によっては突然の離婚を突き付けられる、こうしたことがあるようです。

人を完膚なきまでに叩きのめす

先ほども触れましたが、デリカシーがないので(厳密にはそのデリカシーを持ち合わせているが感情に流されないので場所や時を選ばず自分の思い立った言動をとる)、

自分の機嫌が悪い時は、相手をコテンパンにします。過剰に攻撃する、いわばパワハラです。

それゆえに、現代の社会に遭っては社会不適合者と言われることがあるでしょう。

言葉使いが悪い

筆者の知るENTPさんは言葉使いが汚なかったです。下劣で禍々しいほどの攻撃性をもった口撃とでも表現されるような荒々しい、相手を揶揄するようなひどい言葉遣いでした。日常で「お前」という言葉を平気で使える人でした。現代社会にあっては社会人にふさわしくないと言われてもおかしくない。

揉め事やケンカ好き

草食社会にあっては江戸時代の喧嘩のような派手さは反モラル。でも頭の回転の速いENTPからすると絶えず誰かに喧嘩を売り、啖呵を切る、そういうのが好みのようです。

ENTPが社会不適合でない理由

一見、社会不適合に見えるENTPですが、、実際はそうではありません。優れた能力の持ち主です。

抜群のコミュニケーション能力

相手を選ばず、その場その場の機転を秒刻みで効かせて対応する話題提供力やツッコミ力、テンポ。会話の駆け引き、押し引きをセンスで理解してして誰とでもコミュニケーションがとれる。もう天才、これは社会不適合者とはいえないでしょう。

気が利く

おそろしいほどにENTPの方は気が付きます。そしてそれを行動に移せるような気の利き方を持っています。

上下関係の立ち回りがうまい

いわゆる体育会系。なので上にうまく取り入り、下をうまく使う、という対人スキルが非常に優れており、これは社会に適合した人だといえます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました