INFP-t がクズの意味

INFP-tはクズ、という悲しい😢お話があります。その意味を考察してみたいと思います。

※筆者はMBTI診断で時としてINFP-tと結果として出力されることがあります。(※当記事は筆者の自身に対する考察であることをお断りしておきます)

INFP-T クズ

※画像はhttps://www.16personalities.com/より引用させていただいております。

INFP-tがクズ、の前にクズの意味

クズの意味

ゴミのことです。完成形からこぼれでて破片となり無用なものとなった状態のものです。また逆に、あるものから良い所を取り除いたあとの残分のことです。カス、ゴミ、ポンコツなどとも形容され、主に事物に対して用いられる言葉でありますが人間に対してもこのクズという人間にこれを置き替えると社会的にみて「役立たず」以上の存在を指し示します。

つまりは、社会通念上、害悪を与えるような存在をクズという風潮もありますが、それが全てではありません。例え人様に迷惑をかける不良のことだけをクズというのではなく、役立たず(害悪は与えないけれども気が利かない)の人間に対しても用いられるということです。

その定義の前提に立って解説してみたいと思います。

INFP-tがクズと言われるかもしれない理由

気が利かない

常に妄想している、空想に耽っているようなところがあるためか、人に対して気を遣うことが他の人たちに比べて少ないような気がします。これは、人に向かわせる関心を自分に向かわせているために起きる現象です。まずは他人を観察するところ(目配り)から気配りは始まります。その目配りするためのリソースが不足しています。空想の世界に旅立ってしまう私はそれに脳の思考のリソースが割かれるために他人への気配りに欠けてしまう、ということがあるのです。

INFP-t クズ?

※画像はhttps://www.16personalities.com/より引用させていただいております。

これが、年齢を重ねるにつれて周囲から残念な人と見られる要因になるようです。

どうして気が付かないの??当たり前でしょ?と疑念すら抱かれる。

それがポンコツという評価になり、つまりはクズ、と言われても仕方がない状態になるということです。(ちなみに、infpは不思議ちゃんとも言われるようですが、こういう、人に対して当たり前の気配りが抜け落ちることがあることもその要因といえるかもしれません)

この社会では気を回して周囲を巻き込んであれこれと自ら発信し先導できるタイプに近しいことが、クズから離れる評価へと結びつきます。自らのアウトプットで周囲をリードするということは反発する敵を生むことにもつながりますが、総じて「たくましい」「頼りがいがある」「甲斐性がある」という評価につながり、嫌われても、クズと呼ばれることはほとんどありません。(※稀に権威を濫用してクズと評される人がいることは事実)

気づいてはいけるけど行動に移せないクズさ

意識すれば気は利かせられるが空回ってクズ感がでる

もともとは人に対して優しい思いで接するタイプですから、やろうと思えば、気を利かせる力もあります。それがズレてて空回りすることが多々あるだけです。

多くは、「あ、今これをしてあげないと!」と頭では分かっているのに、遠慮して、または周囲の目が気になって怖気づくようなところがあり、行動に移せない!

世の中はいくらいいことを考えていても、それを自分の中にとどめているだけでは評価されません。世界の凄惨な事件に心を痛め神様にお祈りを捧げているだけでは評価されず、またこっそりと募金をするようなことでさえも(INFPーtたる私はこういうことをひっそりやります)、人に知られない限りは、何もしていないに等しく扱われます。それよりも、声高に道徳を叫び周囲に行動を促す(仮に自分が直接体を動かさなくても)、こういうことの方が評価されることでしょう(クズの評価を受けない)。

良いことをしようという気持ちはある(気づいているだけにクズ)

やってあげたいという気持ちだけはあります。でも周囲の目が気になったり、あれこれと思案してしまい、行動に移せない。結果として何も行動に移せない。

例えば、私のエピソードで例えます。

小学1年生の息子のサッカーチームで子どもたちが勝手にゴールを片付けようとしている、見るからに危なっかしく大人として制止しなければいけない→傍観(動けクズ!

先日、小学1年生の息子のサッカーの練習を見に行く機会がありました。その際に、子供たちがコーチの目が届かない間に勝手にサッカーゴールを自分たちで運ぼうとしてみんなで持ち上げている場面がありました。小さな体で大きなゴールをグラグラしながら移動、見るからに危険です。これは大人として、否、それ以前に親として、制止しなくてはなりません。なんなら𠮟りつけることも必要だと思います。

しかし、私は周囲の父兄の目が気になって、自分が一番近いところにいたのにも関わらず、動き出すことができずいました。コーチ、早く、気が付いてくれ、子供たちが危ない!と。

すると、その瞬間、ゴールがグラッと揺れて地面に倒れました!父兄の悲鳴。

コーチはそれに気づくと駆け寄り、「自分たちだけでやっちゃダメだと言っただろう!」と𠮟りつけていました。正しい。

幸い、誰もケガ人は出ませんでしたが、そもそもこういう、命に係わる場面ですら身動きできない私は、自分をクズだと思いました。父兄の中でも私が一番近くにいて、さらに性別も男性(周囲は母親ばかり)なのですから、真っ先に動いてないといけない場面でした。いい大人が情けない、不甲斐ない。最後の最後まで出しゃばることによる周囲からの視線を恐れ、何も行動できなかったのです。むしろ何もしないことの方がクズなのに。。

お葬式に来てくれた親戚のお婆さんの介助ができなかった(人よりも結局自分重視でクズ

先日、私の祖母のお葬式があり、その場に親戚のお婆さんが来てくれました。

もうようやく歩けるような状態で、よぼよぼとしています。その場面でも本来、私はサッと近寄って介助してあげなければいけませんでした。シルバーカーを付きながら、杖は2本で歩くようなお婆さん。今にも崩れ落ちそうな足取り。明らかに介添えが必要なのは一目瞭然でした。

でもここで私のクズっぷりが発揮されます。

”こんなに、皆が見ている前で私だけが介助に動けば周囲から「いい恰好しぃ」と思われるではないか、ここは出し抜いてはいけない、がんばれ!お婆さん!”

と、微動だにできず、ひたすら自らの良くわからない名誉を守るために念じ続けるに留まっていたのです。

ひどい。

私は、間違いなく満員電車でご老人に席を譲れないタイプです。気持ちでは座らせてあげたいと思いながら、周囲の目が気になり行動に移せない、クズです。

 

日々の生活でエネルギーの消耗激しく、アウトプットのパフォーマンスが低い=クズ

簡単に言うとだらけているように見えるかもしれません。

ただそれは、日々思うように振舞えないその生きづらさの中で、疲れ切ってヘトヘトになっているからです。決してやらなくていい、などとは考えておらず、エネルギーの回復に時間を要しているので、普通の人に比べてアウトプットのパフォーマンスを出力する場面が圧倒的に少なくなるのです。動きたくても動けない、これがいつもの思いです。

でも当然ながらそんなこと市井の人たちには関係のないことです。

あいつは動かない=クズ

そういう風に評価されるのです。

私に評される「大人しい」という評価は、余計なことをしないという前向きな評価である一方で、チャレンジしない、自ら動かないという負の一面の方が大きく、つまりはクズをポジティブに言い換えた表現に、そう聞こえます(笑)。

また、基本的に外向きには真面目です。ヒトの言うことに対して表立って反抗はしないし、はい分かりましたと協調的です。一方で自分が納得がいっていないとそれを勝手に無視してしまい行動に移さないということがあります。真面目に返事して受けているのに実際には行動に移さない、これはクズといえるでしょう。真面目系クズ、そう一般的には呼ぶのでしょうか。

物事を曖昧なままにしてケリを着けない

ダラダラと結論を先送りにして曖昧なまま決着を着けない、という癖があります。

嫌なら嫌でケリをつけるため、辞めるなら辞める、別れるなら別れる、そういうことを本来は決断して相手に伝えなくてはなりません。

でもそれは相手を拒絶する行為でもあります。そのため悪者になりきれずダラダラと問題を先送りにしてしまう、結果としてそれが相手に迷惑をかけることになるのに。。

そこは、クズといえると思います。

相手に断りを突き付けることは悪いことではありません。お互いが折り合いをつけるために、NOはNOと言ってあげるほうが相手のためでもあるからです。NOを言われない間は待たされている状態、つまり相手の準備の時間をいたづらに奪っていることにもなるからです。

以上、「INFP-tはクズ」の意味について考察してみました。

※INFP-tについてもう少し知ってみたい方は、こちらの記事(INFP-tあるある)についても御覧ください。

コメント

  1. 匿名 より:

    非常に不愉快かつ読みにくい文書を新年早々から公開お疲れ様です。誰得の記事なんですか?INFP-tの人に恨みでもあるんですか?

    • imitohajiten より:

      誠に申し訳ございませんでした。
      INFP-tの方に恨みはございません(というより私がINFPーt)です。不愉快な思いをさせて申し訳ございません、これは飽くまでも筆者自身に対する記事です。コメントをお寄せいただいてありがとうございました、嬉しいです!※あと、INFP-tの方はクズなんかではありません!秘めたる発想力がすごく、それがなかなか表に出づらく認められにくいのですが、粘り強くその場所で時間を重ねることで花開くことは、私も経験上重々承知しています。ただ、人からナメられやすいのでクズ呼ばわりされることがあるという、、それだけです泣

  2. 匿名 より:

    INFP型は自分だけではないという事を意識した方がいいです
    あなたにそんなつもりはなくともかなり攻撃的な記事になっています
    たった16種類の診断結果ですから

  3. たま より:

    俺がここにいるww 真面目にはしているつもりだけどダメ出しばかりされてしまう。。でも、人に迷惑かけてるわけじゃないし(親にはかけてるけど)、堂々と生きてきたい!
    管理人さんもがんばれー

  4. estp より:

    ここの管理人もボロクソに言われてたまったもんじゃねーなw 相手にするなよ、そもそもクズ、クズなんていうけど性格関係なく人間の所業みろよ、結局我がのことしか考えないクズばかりじゃねーか

  5. imitohajiten より:

    Estpさん
    コメントありがとうございます。クズなもので。。
    しかし、批判的なコメントでも寄せてもらえるだけマシです。現実世界であまり人に相手にされない身にとっては、関心を寄せてもらえること(リアルだと恥ずかしいですが)は決して悪いことではないです!

タイトルとURLをコピーしました